あふれるほどに便秘解消法の情報があるのに何故か効果の実感できるものが見つからない!? そんな状況になっていませんか?体質や便秘の原因は人それぞれですから自分にあった方法で地道に対処していくことが大切です。正しい知識と治療法で便秘にサヨナラ。快便生活よこんにちは!

スポンサードリンク

便秘の種類について知ろう

病院で治療をしてもらうほどでもなく、日常の生活はそこそこ普通に送れるとはいううものの、それでも不快感のぬぐいされない便秘は辛いものですよね。便秘の症状に日々悩まされている人はかなり多いのではないでしょうか。便秘で悩む人々の多さに比例するようなかたちで、便秘解消法の情報も世の中にあふれています。
これだけ情報が多いと、どれに効果があるのかがかえって分からなくなってしまうというものです。
誤った便秘解消法を続けることで治るどころか症状が悪化してしまった…なんてことにならないためにも
自分の便秘の種類をきちんと知っておきましょう。


便秘の中で一番多いとされているのが常習性便秘であり、特に病気などの原因があるわけではないのに便通の悪さが習慣的になっているものです。これは便秘の症状が継続するタイプの慢性便秘のひとつで、これらは
「直腸性」「けいれん性」「弛緩性」に分類されます。

「直腸性」の便秘の発生原因は、直腸に便がたまっているのに便意をもよおすサインが脳へ送られないことです。
便意を我慢し続けて、本来の便意が無くなってしまった後に浣腸を使って強制的に排便するなどの行為をすると通常の便意が正常に起こらなくなるのです。

「けいれん性」の便秘は腸が過敏になって便秘と下痢が交互に訪れます。精神的なストレスが大きな要因となっており、細く短い便が特徴です。

「弛緩性」の便秘とは、運動不足や腹筋の筋力不足などが原因で腸の働きが鈍くなることによって起こる便秘です。このタイプの便秘ではお腹の張りが苦しくなることが特徴的です。
改善には運動と食生活の見直しが必要となります。

他には、急性便秘として一過性のものがあるのですが、この便秘は環境の変化が原因で一時的に便が出なくなることで、旅行に出かけたときや、急激なダイエットで食事や水分の摂取される量が減少した場合に便秘になる例など、経験されたことがある人も多いかと思います。これらの場合には原因が特定しやすいことから解消も比較的容易です。

その他の例として嘔吐や激しい腹痛を伴う便秘になった場合には、腸閉塞や腸ねん転などの重大な疾病が原因となっている可能性もあるため、緊急に医師の診断を受けて下さい。

※免責事項
このサイトに記載されている内容は一般に知られている情報を集積、編集したものです。
情報の正確性には注意を払っておりますが、記述内容やリンク先の情報を保障するものではありません。
サイト運営者は医療従事者ではないことをご理解の上、閲覧下さいませ。
ご自身の健康についてご不安な場合には、
医師や薬剤師にご相談されるよう何卒お願い申し上げます。

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

便秘の解消法は見つかりましたか?:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://beauty459.com/benpi/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

SEO対策済みテンプレート