不眠解消に正しい知識を持って安心感を得れば、不眠解消も一歩前進♪気持ちよい眠りのために、さあ不眠解消を楽しくやってしまいましょう。

スポンサードリンク

寝室環境を整えて安眠を

人は一生の持ち時間の1/3を睡眠時間に充てています。平均寿命が75年とすれば、25年間は寝床で過ごすことになります。
これを疎かに扱ってはなりませんね。安眠を損なえば健康を害します。特に寝入りばなの深い睡眠はかけがえのない大切なものです。
寝入りばなの短い睡眠時間に、成長ホルモンの分泌が行われます。成人期を過ぎたら人体の成長発達はありません。
成人期以降の成長ホルモンは、傷んだ体の修復に充てられるのです。傷や疲れや病気からの回復です。この機能が不具合になれば?
ぐっすりと眠れた実感と共に迎える目覚めは実に爽快でしょう。これは心身共に喜んでいるからです。

安眠がいかに大切なものか、この安眠のために寝室を再検討してみませんか。
部屋のカーテン、インテリア、などを少し変えるだけでリラックスした眠りが訪れますよ。

昼寝は別として、夜間の眠りは明るすぎたりうるさかったりすると眠り温井ですね。
あたりが静かになる夜間には小さな音も気になります。防音カーテンや二重窓サッシで効果が得られるでしょう。
明るさが気になる場合には、遮光カーテンがあります。

室温も、安眠のためには無視できません。湿度も関係してきます。
室温は、夏には摂氏25度冬は15度で、湿度50%が保たれたら理想的といえるでしょう。
加えて、寝床が30度余りであれば申し分はありません。
寝床温度というものは、個々の体温や発汗の量によってまちまちです。これはパジャマや毛布などで微調整してください。
エアコンを使用する場合には、冷房は25度以上に、暖房は22度以下が好ましい設定です。
また、夏には風向きを調整して風が直接体にあたらないように、冬場には加湿器を併用すれば乾燥が防げます。

いかがでしょうか。心身共に健康な生涯を送るために、寝室の再検討を試みてください。

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

不眠解消の最終兵器:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://beauty459.com/huminnkaishou/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

  • seo
SEO対策済みテンプレート