少ないとされる副作用は漢方薬にも

漢方薬は現代薬に比べて即効性に劣るが、副作用は少なくあったとしても軽いものだと評価されてきました。しかし零ではありません。
もともと漢方薬は、個々に応じた処方が重んじられてきました。処方は「証」に基づいて行われるからです。
病を持つ人それぞれの体質・体力・抵抗力・病状進行を総合的に、漢方医学の専門家が判断した結果が「証」と呼ばれてきました。
素人判断は禁物とされています。当人の「証」に合っていないものを用いれば病状は回復と逆方向に向かいます。

「証」に基づいた処方に従っていても、「瞑眩」と呼ばれる不快感を伴う症状が出ることがあります。
これは副作用とよく似ているのですが少し違っていて、薬の効果が現れる前段階と受け止められています。
この症状は服用から二、三日あたりで、後は、、、

次第に治まり病気は快方に向かいます。
この現象は漢方医学の視点からむしろ好ましい反応だと受け止められています。

漢方薬に付随した作用と、現れやすい症状を以下に挙げておきましょう。

○ダイオウ 腹痛・下痢・食欲不振
○マオウ  多汗・不眠・動悸・食欲不振、心臓病を病んでいる場合は狭心症の危険があります。
○カンゾウ 浮腫み・血圧上昇、鎮痛や消炎効果として多く用いられますので要注意です。
○フシ   火照り・発汗・痺れ
○チオウ  胸焼け・胃のもたれ

この記事のタグ

サイト内関連記事

漢方薬の由来
長年の臨床経験が体系化された漢方医学に基づいて、薬効の認められた動植物や鉱物をい......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

漢方の効果で健康を保つ術:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://beauty459.com/kanpou/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

SEO対策済みテンプレート