肥満症の対策には?

肥満と言う言葉には病気の響きは感じられませんね。肥料が満ち足りた状態のことでしょうから、むしろ褒め言葉だったようです。
だからなのでしょう。漢方には肥満の対策として決定的なものは見あたりません。補助の役割に留まっています。
カロリー摂取が必要量を超えた結果、中性脂肪の蓄積となって豊満の状態に至ります。豊満をも少し超えたのが肥満でしょうか。

肥満症の改善には、食餌療法と運動療法があります。バランスの良い食事と適度な運動だけで改善が見込まれます。
漢方薬の出番は、肥満とともに現れる諸症状の軽減に留まります。
肥満体の人が訴える症状は、関節痛・肩凝り・便秘・月経異常・高血圧等々です。

○体力が充実している人に肩凝りや便秘が現れたら、、、

「ボウフウツウショウサン」が適当とされます。

○のぼせ・頭痛・目眩が伴えば、ダイオウやボウショウを含んだ「トウカクショウキトウ」を用います。これには悪血の改善作用もあります。

○色白で張りのない水太りタイプで体力低下が認められた場合には「ボウイオウギトウ」の処方となります。
 女性の肥満者に多く見られるタイプで、特徴は多汗症に加えて尿量が少ないのです。

漢方医学では病名と症状だけで処方を決めるということはありません。病に至った人にも体質・体力・抵抗力・病状進行・等に違いあります。
それらの違いを判断して「証」が決まります。その証に従って用いる漢方薬が決まります。証の判断は漢方医に委ねられます。
最終的な薬選びは証に従うべきです。ここで挙げた薬品名は目安と考えてください。

この記事のタグ

サイト内関連記事

漢方薬で高血圧症の対策を
高血圧症・低血圧症・動悸、このような循環器系の病気に対して漢方薬は一定の効果を発......
糖尿病には何が効くのでしょう?
以前から続いてきた傾向ですが、糖尿病疾患と糖尿病前段階の人は、今も増え続けていま......
頭痛に効くのは?
頭痛は辛いものですね。頭痛さえなければ、と思われる方も多いでしょう。頭痛のタイプ......
漢方が示す、月経異常について
女性特有の病気に対して、西洋医学だけでは残念ながら充分な対策はできていません。 ......
現代薬と漢方薬の併合効果とは?
西洋医学によって作られた薬品には、往々にして副作用があります。それは患者にとって......
おねしょの治し方(漢方でおねしょを治す)
我が意に反して布団を濡らす夜尿症、おねしょは複雑に要因が絡んでいます。自律神経系......
漢方薬が効果を上げる疾患と漢方専門医
○月経痛に代表される周期的な疾患 ○花粉症と言った季節の変わり目に始まる疾患 ○......
本人にしか分からない辛さ、鼻アレルギー
この頃になって鼻アレルギーに悩む人が増えました。特に春先の花粉症は一大事の様相と......
子供の腹具合について
子どもは、特に幼い場合は、胃や腸の区別無しに「お腹が痛い!」と訴えます。急性の場......
めまいの対策には?
漢方医学では、人体に三つの流れが巡っていることが認められています。この流れが乱れ......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

漢方の効果で健康を保つ術:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://beauty459.com/kanpou/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

SEO対策済みテンプレート