現代薬と漢方薬の併合効果とは?

西洋医学によって作られた薬品には、往々にして副作用があります。それは患者にとって病気に次ぐ苦しみとなります。
特に抗ガン剤を服用している人は、治療の苦しみを緩和するために漢方薬の併用を希望することがあります。

現代薬に漢方薬を併用することで、確かに効果が上がることも認められています。
現代薬によって生じた副作用の苦しみが、漢方薬の処方を受けて軽減されることがあります。
加えて、使用中の現代薬を減量する可能性もあります。この併合効果については今後の研究に期待が寄せられています。
そして現在では未知の部分も多く、時には弊害も発生しています。現代薬と漢方薬の併用で、動悸や頻脈の例も報告されています。

同じ症状に対して、現代薬と漢方薬の同一組み合わせであっても違った結果が出ているのです。
人の病は個々によって体の反応が、、、

異なるようです。理想を言えば現代薬と漢方薬の双方に通じた医師に相談することでしょう。
それは大変難しい事に違いありません。次善の策として使用中の現代薬を漢方医に伝えて指示を仰いでください。

併用は、たとえ漢方薬同士であっても医師との相談抜きで使用することは避けてください。
例えば、慢性的な腰痛とか高血圧に漢方薬を用いている人が、風邪を引いた場合や腹痛を起こしたケースを思い浮かべてください。
この人は当然漢方薬での治療を望むでしょう。こんな時には急性の病対策が優先となるのです。
そして慢性病の薬については服用の時間を2時間ほど後にずらすようです。

稀には複数の慢性病を一人が抱えているといった、お気の毒な場合もあるのです。
このような人は複数の漢方薬を合わせて服用します。これは漢方医学で「合方」と呼ばれているものです。
申すまでもありませんが、合方は漢方医の指示に従ってください。

この記事のタグ

サイト内関連記事

漢方薬で高血圧症の対策を
高血圧症・低血圧症・動悸、このような循環器系の病気に対して漢方薬は一定の効果を発......
糖尿病には何が効くのでしょう?
以前から続いてきた傾向ですが、糖尿病疾患と糖尿病前段階の人は、今も増え続けていま......
頭痛に効くのは?
頭痛は辛いものですね。頭痛さえなければ、と思われる方も多いでしょう。頭痛のタイプ......
肥満症の対策には?
肥満と言う言葉には病気の響きは感じられませんね。肥料が満ち足りた状態のことでしょ......
漢方が示す、月経異常について
女性特有の病気に対して、西洋医学だけでは残念ながら充分な対策はできていません。 ......
おねしょの治し方(漢方でおねしょを治す)
我が意に反して布団を濡らす夜尿症、おねしょは複雑に要因が絡んでいます。自律神経系......
漢方薬が効果を上げる疾患と漢方専門医
○月経痛に代表される周期的な疾患 ○花粉症と言った季節の変わり目に始まる疾患 ○......
本人にしか分からない辛さ、鼻アレルギー
この頃になって鼻アレルギーに悩む人が増えました。特に春先の花粉症は一大事の様相と......
子供の腹具合について
子どもは、特に幼い場合は、胃や腸の区別無しに「お腹が痛い!」と訴えます。急性の場......
めまいの対策には?
漢方医学では、人体に三つの流れが巡っていることが認められています。この流れが乱れ......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

漢方の効果で健康を保つ術:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://beauty459.com/kanpou/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

SEO対策済みテンプレート