おねしょの治し方(漢方でおねしょを治す)

我が意に反して布団を濡らす夜尿症、おねしょは複雑に要因が絡んでいます。自律神経系、心理的要素、躾にも関係があります。
子供さんのタイプによって処方が違いますが、少しでも効果が上がれば自信が育ちます。得られた自信が更に症状改善を招き寄せます。

○痩せていて、神経過敏気味、頻尿タイプであれば、
「ショウケンチュウトウ」「サイコケイシトウ」が好ましいとされます。

○寝ぼけ癖があって、気が小さいというタイプ。
「ケイシカリュウコツボレイトウ」を用います。

○蓄膿症の気味が感じられる場合(蓄膿症と夜尿症は併発が多いようです)
「葛根湯(かっこんとう)」が適しています。葛根湯は漢方ではなく和薬に属します。

○冷え性タイプで寒がりやには、
「リョウキュウジュツカントウ」となります。冷えが特に強ければ体を温める作用がある「ブシ」を加えます。

○元気旺盛で赤ら顔をしていて、頻繁に水分を欲しがるタイプ、
「ビャッコカニンジントウ」が適しています。

○体を動かすことを好まず、運動一般が苦手なタイプ、
「ロクミガン」が効果をもたらします。

夜尿症一つとっても、これだけの対応に別れています。
漢方医学は病名や症状だけで対応策を決めることはしません。体質・体力・抵抗力・病状進行を総合的に判断して次の段階に進みます。
それを纏めたものを「証」と言います。この証に添って処方を決めるのですが、これは漢方医の判断に委ねてください。
ここに示した薬品名は、大まかな目安として利用願います。

この記事のタグ

サイト内関連記事

漢方薬で高血圧症の対策を
高血圧症・低血圧症・動悸、このような循環器系の病気に対して漢方薬は一定の効果を発......
糖尿病には何が効くのでしょう?
以前から続いてきた傾向ですが、糖尿病疾患と糖尿病前段階の人は、今も増え続けていま......
頭痛に効くのは?
頭痛は辛いものですね。頭痛さえなければ、と思われる方も多いでしょう。頭痛のタイプ......
肥満症の対策には?
肥満と言う言葉には病気の響きは感じられませんね。肥料が満ち足りた状態のことでしょ......
漢方が示す、月経異常について
女性特有の病気に対して、西洋医学だけでは残念ながら充分な対策はできていません。 ......
現代薬と漢方薬の併合効果とは?
西洋医学によって作られた薬品には、往々にして副作用があります。それは患者にとって......
漢方薬が効果を上げる疾患と漢方専門医
○月経痛に代表される周期的な疾患 ○花粉症と言った季節の変わり目に始まる疾患 ○......
本人にしか分からない辛さ、鼻アレルギー
この頃になって鼻アレルギーに悩む人が増えました。特に春先の花粉症は一大事の様相と......
子供の腹具合について
子どもは、特に幼い場合は、胃や腸の区別無しに「お腹が痛い!」と訴えます。急性の場......
めまいの対策には?
漢方医学では、人体に三つの流れが巡っていることが認められています。この流れが乱れ......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

漢方の効果で健康を保つ術:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://beauty459.com/kanpou/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

SEO対策済みテンプレート