漢方薬が効果を上げる疾患と漢方専門医

○月経痛に代表される周期的な疾患
○花粉症と言った季節の変わり目に始まる疾患
○虚弱体質とか冷え性の人が侵されやすい流行性の疾患
○偏頭痛・肩凝りなど、周期は認められない習慣的疾患

以上は西洋医学ではなかなか効果が上がらない疾患ですが、漢方薬を用いることで症状改善が著しい領域です。
そのような事情を反映して、西洋医学のみで対応してきた医療機関に漢方薬を取り入れた治療を行うところが増えてきました。
現代医学では捗々しい効果が得られなかった難病も、、、

漢方医学を導入して改善が見られた例が少なくないのです。
しかし漢方医学も西洋医学同様で、万能ではありません。漢方の手に負えない癌治療は西洋医学の独壇場です。

公的な医療機関である大学病院とか、その他公立の病院においても漢方治療を取り入れているところが増えています。
ただし効果の認められている漢方薬を併用するに留まっています。本格的な漢方治療には「証」の判断が欠かせません。
病人の体質・体力・抵抗力・病状進行等を総合的に判断した結果が「証」で、これに基づいて漢方薬の処方となるのです。
現在の医療機関において「証」を決定できるのは、医師免許を取得した後に漢方を学んだ医者だけです。この人は漢方専門医と呼ばれています。
しかしながら、漢方医とか漢方科という表示は医療機関では見あたりません。この名称は法律で認められていないのです。

このような医師がどの医療機関に存在するのか、それを知るには漢方薬メーカーか医師団体に問い合わせるしか方法がありません。

この記事のタグ

サイト内関連記事

漢方薬で高血圧症の対策を
高血圧症・低血圧症・動悸、このような循環器系の病気に対して漢方薬は一定の効果を発......
糖尿病には何が効くのでしょう?
以前から続いてきた傾向ですが、糖尿病疾患と糖尿病前段階の人は、今も増え続けていま......
頭痛に効くのは?
頭痛は辛いものですね。頭痛さえなければ、と思われる方も多いでしょう。頭痛のタイプ......
肥満症の対策には?
肥満と言う言葉には病気の響きは感じられませんね。肥料が満ち足りた状態のことでしょ......
漢方が示す、月経異常について
女性特有の病気に対して、西洋医学だけでは残念ながら充分な対策はできていません。 ......
現代薬と漢方薬の併合効果とは?
西洋医学によって作られた薬品には、往々にして副作用があります。それは患者にとって......
おねしょの治し方(漢方でおねしょを治す)
我が意に反して布団を濡らす夜尿症、おねしょは複雑に要因が絡んでいます。自律神経系......
本人にしか分からない辛さ、鼻アレルギー
この頃になって鼻アレルギーに悩む人が増えました。特に春先の花粉症は一大事の様相と......
子供の腹具合について
子どもは、特に幼い場合は、胃や腸の区別無しに「お腹が痛い!」と訴えます。急性の場......
めまいの対策には?
漢方医学では、人体に三つの流れが巡っていることが認められています。この流れが乱れ......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

漢方の効果で健康を保つ術:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://beauty459.com/kanpou/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

SEO対策済みテンプレート