漢方薬の由来

長年の臨床経験が体系化された漢方医学に基づいて、薬効の認められた動植物や鉱物をいくつか組み合わせたものが「生薬」です。
生薬の配合の仕方や配分によって効果が変化します。こうしてできたものを漢方薬と言います。緩やかな作用が漢方薬の特徴です。
漢方薬は身体全域に作用を及ぼします。現代医療は病巣のある部位だけに的を絞って攻撃をかけます。
この辺りが漢方と西洋医学との大きな違いと言えるでしょう。

西洋薬には即効性があります。大きな効果を上げます。そして時には思いがけない副作用が出ます。
漢方薬は体全体に穏やかな作用を及ぼして、アレルギー性疾患・老人性疾患・慢性疾患などに有効とされています。

双方に一長一短はあります。最近になって、、、

互いに補い合うことが始まりました。

1976年に厚生労働省が漢方薬の健康保険適用を承認しています。それを契機に次第に広い普及が始まりました。
大学病院や公立病院でも漢方治療の導入が増えています。そして両者の組み合わせが効率の良い治療効果を上げています。
漢方治療は経験医学に基づいてきたものですが、現代医学の観点からも研究が進められています。

緩やかで穏やかなアプローチが評価されている漢方薬ですが、副作用が全くないと断言はできません。
薬品である以上、軽いものであっても目的とは別の作用も出ます。
疑問や希望があれば、専門の医師に判断を仰いでください。

この記事のタグ

サイト内関連記事

少ないとされる副作用は漢方薬にも
漢方薬は現代薬に比べて即効性に劣るが、副作用は少なくあったとしても軽いものだと評......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

漢方の効果で健康を保つ術:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://beauty459.com/kanpou/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

SEO対策済みテンプレート