漢方薬、保険診療が可能なエキス製剤と煎じ薬

せんじ薬とエキス製剤の二大分類がある漢方薬のうちで、健康保険が適用されるのはエキス製剤だけです。
それも医師の処方箋がある場合に限り、医療用漢方製剤(エキス製剤の法律用語)が提供されます。
医療用漢方製剤は生薬のエキスを抽出して、顆粒・細粒・粉末・錠剤に作り替えたものです。
せんじ薬と比較して効果に大きな開きはありません。基本的な成分は同じだからでしょう。

漢方薬は中国最古の医学書「傷寒論」に基づいて作られます。後漢の時代に編まれたものがそのまま今に伝えられているのです。
漢方薬は個人の「証」に合わせて処方されるものです。従って微妙な個人差に対応するには、、、

エキス製剤よりもせんじ薬の方が優れているようです。
せんじ薬は微妙なさじ加減が可能です。煮出し方によっても差が出せます。その分微調整の難しさが避けられません。

漢方薬の効果はゆっくりと確実に、と言うイメージがあります。薬に備わった穏やかな作用を生かすのですから当然でしょう。
効き目も穏やかなものですが、それも患者個々の症状や体調などで差が開きます。西洋薬と比べて服用期間も長目です。
逆に西洋薬は即効性を求めています。せっかちな現代人にマッチしているのかと思われますが、副作用が問題にもなっています。
西洋薬の至らない点を、ゆっくりとした効き目の漢方薬が補っているのでしょう。
しかし「証」が正確に的を射ている場合には、慢性病に対しても漢方薬は即効性を発揮します。

この記事のタグ

サイト内関連記事

漢方薬、煎じる際の心得
漢方薬は水から煎じて、それをその日のうちに飲みきります。その過程と用具にはポイン......
「実証」とはどのようなタイプなのでしょう
漢方医学には用いる薬は病名や症状だけで決めることはしません。病を得た人個々で体質......
健康保険適用が可能な漢方薬
1976年に漢方薬を用いた健康保険治療が、厚生省の承認を受けました。以後見直しが......
漢方の「証」とは何を意味するのでしょう?
西洋で確立された現代医学は「病原を特定し、それを撃退する」ことが治療法となってい......
不眠症に有効な処方は?
医学の流れは大まかに言って、西欧医学と漢方医学の二大潮流に別れています。不眠症対......
漢方薬は風邪にどう対処して来たか?
「風邪は万病のもと」という諺があります。「風」という文字は漢字の由来を訪ねると「......
虚証と実証
漢方薬の処方には「証」と呼ばれる前提が欠かせません。患者個々に体質・体力・抵抗力......
胃潰瘍と胃炎には
胃潰瘍や胃炎の症状改善に漢方薬は有効です。症状別に薬を紹介しましょう。 ○鳩尾(......
神経痛には何が良いのでしょう?
一口に神経痛と言って全般的な治癒方法があるかに聞こえますが、神経痛とは文字通り神......
漢方における陰陽
漢方医学の根本は古代中国の「陰陽五行説」に基づいています。これは大自然の成り立ち......
このような人が虚証タイプ
漢方医学では病名や症状だけで処方を行うことはしません。個々の体質・体力・抵抗力・......
冷え性とは一体なんでしょう?
「私は冷え性で・・」このような会話を聞いたことがない人はまずいないでしょう。 そ......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

漢方の効果で健康を保つ術:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://beauty459.com/kanpou/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

SEO対策済みテンプレート