手 痺れの症状には深刻な病気の影がある?手の痺れを放っておかずにきちんと原因と対策を見極めましょう。手の痺れをむやみやたらと恐れるのではなく…。

スポンサードリンク

手の痺れに託された症状の危険信号

腕の冴えとか、腕を磨くとか、古くから言い伝えられてきた表現に見られるとおり「人の働き=生きてある証」として腕はかけがえがありません。
腕に現れる痺れの中には、生命の危機を訴える症状が重なっているケースが少なくありません。
それらの中には脳梗塞や脳出血の前兆を示すものも含まれています。
このような場合には直ちに病院へ向かい、適切な処置を受けるべきだとは誰も疑いません。
しかし素人の悲しさ、私たち一般人にはどんな痺れが待ったなしなのか。それとも心配無用なのか判断ができません。
では一体どんな痺れが身の危険を報せるのでしょうか。以下を参考にしてください。

手足に痺れを感じたとき、ほぼ同時に発生が感じられた症状があれば合わせて判断すべきなのです。
痺れとの併発が報せる危険症状を挙げておきますから、この場合は病院へ急いでください。

○急な痺れの発生
○頭痛が起きた
○焦点が定まらず、目眩がする
○嘔吐を伴う吐き気が続く
○顔面にも痺れが出る
○発熱を感じる、やや高熱が続いている
○手足顔面以外に麻痺が発生
○排尿障害が始まった

主なものは以上ですが他にもまだあります。

一口に痺れと言いますが大きく分けて「末梢生」のものと「中枢性」の二つに分かれます。

「末梢生の痺れ」通常では体の左右片側だけに発症が見られます。原因は神経圧迫や血行障害とされています。
        神経が圧迫されて起こる症状です。
        ビタミン剤などの栄養補給と並行して、血管拡張の治療が行われます。

「中枢性の痺れ」脳卒中が原因で起こる場合が多いとされています。生命の危険性も高いです。

たかが痺れと侮ってはいけません。症状の細かい相違に応じて治療方法も異なります。
思い当たるところがあれば、取り急ぎ病院で受診してください。

※免責事項
このサイトは一般的に知られる情報を
集積、再構築したものであり、管理人は専門家ではありません。
個々の症例に対しては専門の医療機関へご相談下さい。

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

手 痺れの話:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://beauty459.com/teshibire/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。



カスタム検索
  • seo
SEO対策済みテンプレート